ごちゃまぜの家日誌

横浜市港北区富士塚にあります、ごちゃまぜの家の日誌です。

決戦は日曜日(保科)

今日もごちゃまぜに生きた皆さんこんばんは!
日々「これでいいのだろうか」と悩み続けている保科です!

f:id:gochamazekikuna:20190317214336j:image

欧州から帰国してはや二週間。
気がついたら家主の圭吾さんがもう飛び立たれてしまいました。

これまでのパターンでは圭吾さんが不在のときに色々と色々しがちだったごちゃまぜの家。

ですが、
今回は私も日本で留守を預かる一人として、もう逆に欧州からみんなを笑わせてやろうくらいの気持ちでおります。
特に、ごちゃまぜの家の男性陣は、つい一人きりになり過ぎると深刻になってしまいます。
「これではいかん!」ということで、なるべく声を掛け合いながらスクラムを組む次第であります。

その一つの手段といたしまして、3月24日の日曜日に『中島さんを男にしよう!』を合言葉に、お見合いを実施したいと思っています。
現在、申し込みが約二名(一名はメールで、一名は口頭で?)いただいております。

正直な話、一発目の打ち出し方だけでは一人も連絡がこないだろうと覚悟していました。
「どうせ悪ふざけだろう」とか「どんなネタにされるかわからない」など、女性たちに不信感を与えている気がしたからです(実際そう感じたひともいるでしょう…)。

しかしながら奇跡の芽が見えてきました。
「なんだか楽しそうだなと思って!」と、申し込んでくださった方。
そう! その言葉を待っていました!!(泣)

あと一週間。
あと一人揃えば、中島さんと彰人さんとイガちゃんの三人でお見合いができます。
ここはどうぞ気構えず、「なんだか楽しそう!」と思えた方は、ごちゃまぜの家までご連絡ください。

と、もちろんここに書いただけで中島さんの良さや、楽しさを伝えきれるとは思っておりません。

しっかり身体を張ってお見合いPR動画を撮って参りましたので、どうぞご参考にしてくださいませ。

 

youtu.be

以上、ごちゃまぜの家関係者一同、あなたからのご連絡を心よりお待ちしております。

(当日ご希望の方がいらっしゃいましたら、中島さんの生歌がカラオケで聴ける、でしょう☆)

ごちゃまぜの家-恋愛発展企画-中島

どうもこんにちは。
お世話になりまくっている中島(29)です。

 

珍しく現金を持ってみたら、そんな時に限って渋谷でスリに遭うという不遇を経験しました。


綺麗に現金だけ抜かれておりました。生活費は電子化しているので生きるのは問題ないですが、そんな迂闊さにショックを受け、マジで路上で呑んだくれようかと思った次第です。


せめて盗人さんが、場違いな汚い格好でちょっと良い店に入り、周囲に煙たがられながら贅沢を楽しんでいてくれたらと願うばかりです。


哀れな中島をお救い下さる神様仏様がいらしたらご連絡頂けると泣いて喜びます。





さて、タイトルの件です。
なんとイベントの当事者になってしまいました。思えば、皆が主役の作品作りで自分をアピールすることはあっても、自分が主役なんてことは誕生日含めて経験ないなーと思う次第です。注目されることの緊張感です。

 

個人的な話を少し

恋愛の思い出といえば・・・・大学時代に一週間だけ付き合ったことくらいです。
大学では心理学を専攻しておりまして(あるあるの【人の心が分かるの・・!?】な質問はなしの方向で。分かってたらもっと器用に生きております)、で、心理学専攻の学生なんて一癖二癖ある人が多いです。人の心知りたいなんて願望持つ時点である程度察しはつくかなと思いますが。
例に漏れずその子も精神的に不安定を抱えていて、毎日怒涛の連絡が続く日々でした(TobeContinued)

 

この企画で欠かせない「好きなタイプ」ですが、女優さんであれば田中麗奈さん/福田麻由子さんが好きです。吊り目で奥二重の狐っぽい見た目が好きなんでしょうね。一時期一日三食SOYJOYだったこともあります。
犬と私の10の約束」という映画がありますが、ヒロインの子供時代大人時代をこの二人が演じられたときは「何という僕得映画!!」と思ったものです。

 

 

 

 

 

 

さてさて、この恋愛発展企画でございますが。

 

 

 

なんと

 

 

 

 

 

3/16/2019現在で、お一人正式な応募を戴きました!!!
ヒーハー!!!

 

 

いやぁこのような人間に興味を持っていただけるとは嬉しい限りです。
喜ばせておいて実は彰人さん目当て・・とかだったらそれはそれで面白いですが、今は自分事としてテンション上げたいと思います。

 

自分の境遇を嘆くつもりなどない。
不幸のカテゴライズなど所詮相対的なものだ。
ただ、私は、愛とは何かが知りたい。

 

24日まで今日含めて後9日でございます。
待っているだけなのは性に合わないので、合間を見つけて自分アピールでもできたらと思いまうす

 

中島允丈(なかしまみつひろ)
TEL:07043787883
Mail:mthrnksm@gmail.com

 

 

ごちゃまぜ恋愛発展企画始まりました…(元中村です)

初めまして!いがらしというものでござる。

皆様は元気でしょうか?私は元気モリモリでムキムキよ!

心も体も凍えてしまいそうになる冬も終わり、フラワーパウダーが華麗に舞い散る素敵な季節がやってきましたね。

うふふ。私の心とお目々がムズムズして大変ですの!!!

もー!!!!なんなのよ!!!

 

…失礼いたしました。花粉のせいで色々とおかしくなっているのかもしれません。全て花粉のせいだ…ということにしてどうか暖かいお目々で見守って頂けると幸いでごわすよ。

 

私のことをご存知ない方がほとんどだと思うので、自己紹介をさせていただきません。

 

 …

f:id:gochamazekikuna:20190313143844j:plain

 

 

本題に移りましょう。

昨年、ごちゃまぜの家存続が危ぶまれた時期がございまして、非常に大変な状態だったのですが、皆様の暖かいご支援によってなんとか現在まで存続することができています。何も代表しない形でお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございます!

 

そんなごちゃまぜの家の日誌ですが、最近はどちらかというと個人的な話題が多く、ややシリアスな雰囲気が出てしまっていた気がしています。

ここらで少しポップな感じといいますか、もっと見て下さる方にも面白がって頂けるような軽やかさも織り交ぜていけたらいいのかなと思い、微力ながら私も何かやれることはないだろうかと考えたり全く考えなかったりしました!

 

そこで今回、保科さんが発起人である、ごちゃまぜ恋愛発展企画の撮影と編集(ほとんどやった事がない!)のお手伝いをさせていただきながら、こっそりとなるべく画面に映らない方向でプレイヤーとしても参加することになりました…

gochamaze.hatenablog.com 

youtu.be

保科さんが素晴らしい文章と共に紹介してくれています。動画も意外と面白いと思うので、もしよかったら見てくださいね…!

 

正直、その場の雰囲気で安易に出るって言ってしまったところもあって、ちゃんと後悔しています…!!!!

でも、苦手な事だったり初めてやる事に挑戦するのはやっぱり良いですね!ちゃんと葛藤がある事には挑戦する価値があると思います!

 

今回は中島さんのお見合いという形を取ってはいますが、誤解を恐れずに言えば、中島さんが恋愛をしようがしまいがどうでもよくて、見ている方や私自身が面白がれたらどんな形になっても良いとさえ思っています!!

ですので、少しでも面白そうだなと思えた方がいらっしゃいましたら、本当に気軽に遊びにくる感覚で参加していただけると非常に嬉しいでござる!

後から編集も出来るのでプライバシーは完全に配慮しますし、無理やり恋愛の方向に持っていくとかも一切する気はないので安心してくださいね!!!ゆっくりコーヒーでも飲みましょう!

もし集まらなかったら一生懸命反省会をします…!!!

 

ちなみに管理人の稲村さんとオープンに恋愛の話が出来るのは今回だけかもしれませんよ…私には全然話してくれませんからね…悲しい…。

でもそんなところが素敵。

 

あ、ごちゃまぜ人形劇もさりげなく始まっています…

www.youtube.com

もしなにかご不明点やご意見などがありましたら、お気軽にご連絡ください!

 

LINE  ID

cba3133

それでは失礼いたします!読んで下さってありがとうございます! 

PS 花粉に打ち勝つ方法なども超絶募集中です!!!!!!

ごちゃまぜでお見合いのお知らせ(保科)

ごちゃまぜ日誌をご覧の皆さん、こんにちは!
ただいま給食をいただきながら求職している保科です!
最近はベースギターをゼロからはじめつつ、音楽教室にも通っています(ト音記号ヘ音記号を覚えました)。

今回は、いつものほのぼのとした日誌とはちょっと違うかもしれませんが、季節が変わるようにこの家も、人も、みんな変わっていくんだね、という気持ちで書いてみましたので、人助けだと思って読んでいただけたら嬉しいです。

 

f:id:gochamazekikuna:20190311172403j:image

 

人生を高速回転させるべく、ごちゃまぜの家の門を叩いた中島允丈(なかしまみつひろ)さん29歳男性。
彼にとっての“高速回転”とは「人間として成長する」ということでした。
仕事も住居も捨て「このままだったら俺は本当にこのままだぞ」と覚悟を決め、コンビニのイートインで仮眠しながら菊名に通いつめた中島さん。
ごちゃまぜの家にきてからは、様々な人と本音でコミュニケーションを取ることができて、その都度しっかり失敗していました。
家主の圭吾さんからも、度々有難い説教を受け(欧州帰国直後の深夜からでさえ!)、一人居間の畳に額を擦り付けながら悔し涙を流し、捨て猫のように身体を縮めて眠っていました。

そんな傷だらけの家なし生活に終止符を打つべく、借の金で首が回らなくなったということもあり、プログラマーとして求職していたところ、見事に内定をもらうことができました。
いよいよ中島さんに、三十度目の正直な春が近づいている…

しかし。
本当にそれだけなのか。
「春がくるって、就職することだけだっけ?」
中島さんが、真に人間としての成長するためには。

それは、“恋愛すること”なのではないか。
異性とお付き合いすることなのではないか。
適当な表面だけの愛想笑いだけではない、激しい喧嘩もあって、お互いにしっかり傷つきながらも、時間を重ねていくことなのではないか。
人と人との温もりを交わすことではないのか。

そのような気持ちが、中島さんの頭の中で渦を巻くように悶々としていました。

あっ、また悪い癖が出た。
頭で悶々と考えている暇があったらまずは行動を起こすことだ。

そんなとき。
横でひたすら「ズンズンズン」とQUEENの曲をベースの重低音でかき鳴らしている保科が、突然アンプの電源を切ってこう言い放ちました。
「中島さん、共に男になろうではないか」

(この人は北方謙三の『水滸伝』にハマっているのだなと中島さんは思いました)


ということで、家主の圭吾さんが武者修行中の留守でも活気ある家であるように、保科がプレゼンターとなって「中島さんを男にしよう!」という恋愛発展企画を勃発させました。

気になる方はぜひ以下の動画をご覧になっていただき、ごちゃまぜの家までご連絡ください。ざっくりとした企画の紹介と簡単な自己紹介です。

ちなみに、「中島さん一人だと、本人も相手も緊張し過ぎて苦し過ぎるだろう」だろうという懸念のもと、今回は、管理人の稲村彰人さんと、謎多き男・イガラシさんの二名の男性が中島さんの脇に寄り添いながら、お見合いに参加してくださいます。

なので、三対三の、とってもライトなお見合いです。
肩の力を抜いて、お気軽にお申し込みください。

 

渾身のPR動画はこちら!

ごちゃまぜ恋愛発展企画(仮) - YouTube


【ごちゃまぜでお見合い】
期日(恋愛万倍日):3月24日 11:30〜13:30
第一回参加者:中島允丈、稲村彰人、イガラシ(男性三名)
募集人数:三名(定員を超えた場合は抽選、満たない場合は落ち込む)
仲人:保科亮太
見守り役:ごちゃまぜの家に関わる皆さん
内容:日曜日のランチタイムのほのぼのとした小春日和に、参加者同士で料理を一緒に作ったり、お庭でお茶を飲んだり、近くに散歩に出かけてみたりします。根底の静かなところでは「中島さんよ、男になれ」という気持ちを共有しつつ、参加者の皆さんが、気ままにのんびりとリラックスできるひとときを目指します
会費:無料(食材の買い出しなどは相談したり各々の判断にお任せいたします)
連絡先: mail:gochamaze.kikuna@gmail.com , tel:05010268936
場所:ごちゃまぜの家(神奈川県横浜市港北区富士塚二丁目24–5 Googleマップで「ごちゃまぜの家」で検索してもヒットします)
※1 なにか不明な点やご質問などがありましたらお気軽にご連絡ください!
※2 当日の中島さんの様子などを記録したいと思うので、撮影NGの人も遠慮なくご連絡ください!(もちろん名前や個人情報等は全員総出でお守りいたします)

出会いと旅立ちと~中島~

こんばんは。
久しぶりの登場の中島です。

 

 

圭吾さんのブログに紹介までしていただきまして、恐れ多い。。

ibaya.hatenablog.com

 

はい、「人生高速回転」とか「家無し生活」とか大言壮語をほざいていましたが、案の定資金がつきまして、経済難に陥っております。

 

お金がない日々が続いているのですが、自分の心と向き合うと、お金がないことが苦しいのではなく、「払えといわれるものを期日までに用意できない」ことに悩んでいるなと気付きました。納期を守れない自分の能力不足です。

 

自分は何の力もないのだと自覚すること、人は万能ではない、など自分の小ささを自覚することが大事だと先人たちが何度も言ってくれているにも関わらず、「まぁ何とかなるだろう」と過信した結果だと思います。

 

拭えない自己嫌悪と劣等感で動くとろくなことがありませんね。
ただの現実逃避でした。反省。

 

圭吾さんのブログのお陰で、2件ほど連絡をいただけました。
どちらもプログラマーのお仕事でして、本当に嬉しい限りです。

そんな有難い状況が続く中、独自で進めていた転職活動にて。

何と採用が決まりました!!!

 

いやもうこんな生活を始めた段階でまともな職に就くことは無理だろうと諦めておりましたが、何とかなるものですね。

しかし、今回せっかく2件お話を頂いているので、お話は是非伺わせていただきたいと思います。とにかく命は救われそうです。職があることの有難さ。。。。

 

とはいえ、本格的に就業可能なのは、色々あって4月頭からになります。ということは、順調にいったとしても初任給は5月末なので、それまではぎりぎりの状況が続くことに変わりはありません。油断ならぬ状況が続きます。

 

 

さて、中島、ごちゃまぜの家に顔を出すようになって、早2ヵ月ちょいです。
皆様の善意に支えられて、みすぼらしい恰好をしていた私も、なんかいい感じの服装をするようになりました。

 

服なんて全く興味なかった私としては、以前のまま生きていたら絶対出会うことのなかったブランド達です。圭吾さんが仰るように「無頓着」でした。

 

放浪生活をするようになってから、同じく放浪されている方々が目に留まるようになりました。見下すわけではないのですが、清潔感って大事だなとしみじみ思うようになりました。

 

そこで、せめて服装だけでも過去の精算をしようと思い立ち、元々持っていた服を全て処分してしまおうと考えました。 

f:id:gochamazekikuna:20190305213632j:plain

 

捨てようとも思ったのですが、「結果的に誰かが救われる」という思想が好きな私としては、寄付という形にしたいと思っています。

そこで、以前利用したことがあるこちらのサービスをまた利用しようかなと思いました。

www.ehaiki.jp

 

千葉からの引越しの際に、家にあったものを片っ端から詰め込んで送ったことがあります。あちら側からしたらいい迷惑だったかもですが、(少なくとも表面上は)文句言わずに受け取ってもらえました。

 

偽善と言われようが、物は壊れるまで使い倒して自然に返してあげたい私なのです。循環の理念に沿って、使ってもらえるところに送りたいなと思っています。

 

ただ、この二つだけ送るというのも何なので、共感して頂けた方がもしいらしたら、段ボールに詰めて一緒に送りたいと思いますので、物を募集したいと思います。

今月末に送ろうと思います。お待ちしております!

 

中島允丈(なかしまみつひろ)
TEL:07043787883
Mail:mthrnksm@gmail.com

マークボイルさんの家の中の写真 内海大輔

今頃何なんだと思われる方がほとんどだと思いますが、またマークボイルさんの記事を投稿させて頂きたいと思います。

と言うのは、来ないと思っていたマークボイルさんから手紙の返事が来たからです。

アイルランドに行ったとき、マークさんの住んでいる家の中を見せてもらいました。そして、家の中の写真も撮っていいと言われたので写真を撮らせて頂いていました。

しかし、家の中の写真は流石にプライベートなものではないかと思い、ブログに公開するのは控えていました。

しかし、0円生活の大御所とも言えるマークボイルさんの部屋の中がどうなっているのか見たい人もいるかもと思いました。

それで、マークさんに家の中の写真を公開してもいいかどうか手紙を出して聞いてみる事にしました。

4月に新しい本の出版を控えていてマークさんは大忙しだったので、それを妨害してまで返事が欲しいとは思わなかった私は、忙しかったら返事はいりません、と書いて手紙を出しました。ずっと返事が来なかったので諦めていました。しかし二月下旬に返事が来たんです!

それでブログに公開してもいい事になりました。

なのでこれからマークさんの家の中の写真を公開して説明させて頂きます。

f:id:gochamazekikuna:20190303181743j:plain

これは玄関を入ってすぐ右側に置いてあった靴です。

外には長靴が二足ほどあったので靴は結構いっぱいありますね。(僕は今一足しかありません!勝った!!←お前の話は誰も聞いてねーよ)

f:id:gochamazekikuna:20190303182145j:plain

これはマークさんが使っている机です。電気は通ってないので大きなロウソクやランプのようなものを使っているようですね。窓際にイタチのような動物の剥製があります。ハッピーピッグにも同じような剥製があったような記憶があります。

f:id:gochamazekikuna:20190303182535j:plain

靴の近くの壁に貼ってあった絵です。

f:id:gochamazekikuna:20190303182622j:plain

机の反対側です。これが全景で全てです。

やはりこういう小さい家はロフトを作ってそこにベッドを置くという配置が多いですが、マークさんも同じ配置になっていました。

壁はストローベイルというわらでできていて、それ以外は木でできています。

マークさんがそばにいたら一つ一つについて質問できたのですが、マークさんは外で薪の作業をしていて、一人で中に入って見ていいし写真も撮っていいよ、その代わり入るときに靴を脱いでドア閉めてね!と言って一緒に来てくれませんでした。つまり、何か盗んでもばれなかったかもしれないのです(電気が通ってない=監視カメラもない)。ざわ…ざわ… でも僕は盗む度胸がなくて何も盗めませんでした。でも盗みたくなっても、無断で盗まずにこれもらえませんかと言えばくれそうな雰囲気がありました。お金を使わない生活をされているだけに、何かを盗まれる心配がないから自由に入っていいよと言えるんだと思いました。泥棒を気にしない生活、いいですよね。

f:id:gochamazekikuna:20190303183653j:plain

屋根は木でできています。これだけのものを建築業者に頼らずに、自分と友達だけで作ってしまうんだから凄いですよね…。

f:id:gochamazekikuna:20190303183835j:plain

f:id:gochamazekikuna:20190303183920j:plain

これの事をクッカーと言っていました。薪ストーブ兼調理器具です。これが一番お金が掛かったと言っていました。このクッカーと床材と窓ガラスに一番お金が掛かり、トータルで15000ユーロ掛かったと仰っていました。(隣近所の家はだいたい10倍の150000ユーロだと仰っていました)

f:id:gochamazekikuna:20190303184210j:plain

これは何でしょう。多分近所で汲んできた湧き水だと思います。

f:id:gochamazekikuna:20190303184306j:plain

この机は何に使っているのか分かりません。料理でしょうか…。

f:id:gochamazekikuna:20190303184426j:plain

食器棚でしょうか。下に並んでいるのはお酒でしょうか。

f:id:gochamazekikuna:20190303184537j:plain

窓から庭のベンチが見えます。

f:id:gochamazekikuna:20190303184651j:plain

ロフトにあるベッド。二人が寝れるぐらいの広さがあります。彼女と別れたので今は一人暮らしです。

f:id:gochamazekikuna:20190303184815j:plain

ベッドのすぐ脇に酒らしきものあり。マークさんはお酒好きなのかな。

訪問する時は美味しいお酒を持参したらいいのかもしれませんね。

f:id:gochamazekikuna:20190303184955j:plain

マークさんの机。ここで本の執筆をしているのでしょう。大きな国語辞典が置いてあります。これでどういう単語を使うか吟味しながら本を書いているんでしょうね。

f:id:gochamazekikuna:20190303185120j:plain

マークさんの机の上に置いてあった本。どんな本なのかさっぱり分かりません。分かる方教えて下さい。

f:id:gochamazekikuna:20190303185236j:plain

マークさんの本棚。どんな本を読んでいるか(どんなことに興味があるのか)知りたかったので写真に撮りました。でも全部英語だからさっぱり分かりません。

f:id:gochamazekikuna:20190303185405j:plain

f:id:gochamazekikuna:20190303185434j:plain

写真中央に「THE MONEYLESS MAN」という題名の本があるの分かりましたか?

この本が日本語訳されて「ぼくはお金を使わずに生きることにした」として日本で出版されました。2011年秋の事です。ちょうど東日本大震災の直後だっただけに凄く注目されました。貴方もこの本を買う事でマークさんに送金してみませんか?もし貧乏なら図書館で借りて読む事もできます。

「THE MONEYLESS MAN」の右の右に「MONEYLESS MANIFESTO」という本がありますが、これが日本語訳されて「無銭経済宣言」として2017年に出版されました。

僕の好きなカメ五郎さんが推奨していた「SAS SURVIVAL」の本も二冊ほどありますね。これはイギリス陸軍特殊部隊出身の人が書いた生き延びるためのテクニックを集めた本です。でもこの本で力説されていたのは、生き延びるために一番大切なのはテクニックじゃない、生き延びたいという強い意志だと書いてありました…。という事で僕はまずその意志が0なのでそこからかなと思いました。

f:id:gochamazekikuna:20190303190610j:plain

f:id:gochamazekikuna:20190303190645j:plain

 見た感じ凄く真面目そうな本ばかりでしたね。いやらしい本もいかがわしい本も美しい女性が出ている本もなさそうでした。それで写真撮影が許されたのかもしれませんね。(カッコよくてモテる人だからそういう本は必要ないんでしょう)

f:id:gochamazekikuna:20190303190838j:plain

この汁は何なのか分かりません。横に生ごみらしきものがあるから生活排水でしょうか。

f:id:gochamazekikuna:20190303190951j:plain

この白いバケツ的なものも何に使っているのか分かりません。

f:id:gochamazekikuna:20190303191043j:plain

左側に置いてあるのはオーツ麦で作った御粥でしょうか。分かりません。

以上で、マークボイルさんご自身が生活されている家の写真でした。

見ての通り、トイレはありません。トイレは歩いて15メートルほどの所にあるハッピーピッグという宿泊施設のコンポストトイレを使っています。

シャワーもありません。お湯を沸かしてそれを体に掛けているそうです。

電気もないし電化製品もありません。

インターネットもありません。この小屋から歩いて25メートルほどの所にある友達に無料で貸している家にはWi-Fiが引かれています。しかし、マークさんと連絡を取る手段は手紙しかありません。メールアドレスがないんです。

 それでは最後にマークさん直筆の手紙を公開して終わりとさせて頂きます。

女性に不快な部分がありましたことをお詫びいたしますm(__)m

f:id:gochamazekikuna:20190303192901j:plain

 

内海の連絡先
メール 
nb.utsumi@gmail.com
facebook 
https://www.facebook.com/daisuke.utsumi
電話
09046661483
LINE 
saiohasso
(LINEはなぜか届かない事が多いので、24時間以内に返信がない場合はメールでお願い致しますm(__)m)
ブログ
http://saiohasso.hatenablog.com/

住所

〒231-0026

神奈川県横浜市中区寿町4-13-1

はまかぜ509号

3月1日を以てごちゃまぜの家を退去させて頂きました。内海大輔

いばや通信をご覧になった方はもうご存知かと思いますが、私内海大輔は3月1日、一身上の都合によりごちゃまぜの家を退去させて頂く事になりました。今までお世話して下さった方、本当にありがとうございました<(_ _)>

と、ここまでで終わりたい所ですが、いきさつを知らない方のためにも当事者として説明する責任があるのではないかと思い、内海最後(から二番目)の記事として投稿させて頂きます。(この記事の後にマークボイルさん関係の記事を最後に投稿させて頂く予定です。)

私がごちゃまぜの家に唐突に転がり込ませて頂いたのが昨年の12月3日でした。12月2日頃に圭吾さんにメールを送り、翌日から泊まらせて頂けませんかというあまりにも唐突なお願いから始まったわけです。

しかし、圭吾さんの寛大なご配慮により、ごちゃまぜの家に居候させて頂く事となったわけです。

私が無料で居候させて頂く条件として二つの事が圭吾さんから提示されました。

一つ目が、「自分の全てを晒す」こと。二つ目が「生きて行く活路を生き様を通じて見せる」こと。

泊まらせてもらえるような深い人間関係を築いてこなかった私は、ごちゃまぜの家に泊まれなかったら路上生活確定な状態でした。

幸い、数か月前に圭吾さんからもらっていたテントと昔自分で買った寝袋があったので、最悪台東区へ向かおうと思っていました。

山梨県での農業バイトから這う這うの体で逃げ延びてきた私にとっては、「自分の全てを晒す」事とか、「生き様を見せる」事とか、具体的にどんな事を意味しているのか、あまり深く考えられませんでした。

今までの人生でも自分の秘密を自分からブログで暴露してきたつもりだし、今更隠したい事もないから「自分の全てを晒す」事なんて別にどうってことないと思いました。また、「生き様を見せる」って言われても「生き様」って何だろうと思いましたが、(普通に生き延びようとする姿と何が違うのかな…)くらいにしか思っていませんでした。

最初のうちは、住み込みバイト探しの就活、そしてテント内の整備、ダンボールハウス作りと目の前の事に大忙しでした。そんな中で次第に「全てを晒す」事や「生き様を見せる」という約束を忘れていくようになっていきました。

しかし、一ヶ月が経ち、二ヶ月が経ち、だんだんとごちゃまぜの家で生活を続けて行くことが自分にとって苦しく辛くなっていきました。

「全てを晒す」と言う事は、良い面も悪い面も晒すという事を意味していたのです。

やはりいい面を晒す事は嬉しい事でしたが、自分の悪い面を晒すという事がだんだん辛くなっていきました。

そして、生きて行く活路として取り組み始めた小屋作りが、自分にとってだんだんと重荷になっていきました。

近々路上生活をする可能性があったから小屋作りに関しては数冊の本を読んでいろいろ調べていましたが、それはあくまで経済的に追い込まれていたからであり、小屋作りそのものは好きではない事を実感しました。

好きでもない事なので当然情熱を持って取り組む事ができず、興味よりも大変さの方が重くのしかかり、だんだん考える事すら億劫になっていきました。

こうして、生きる活路を生き様を通して見せる事もだんだん辛い仕事のようになっていきました。

ごちゃまぜの家で暮らす事によって、たくさんのいい面がありました。テント生活の体験、小屋作り体験、小屋生活体験、寄付を頂く体験、イギリス初体験、アイルランド初体験、マークボイル氏に会う体験等々…。

そして今までずっと孤独に暮らしてきた私にとって一番嬉しかったのが、たくさんの女性から優しく接してもらえた事だったように思います。母親を始めとして今までずっと女性から嫌われ続けてきたのでこれは大きかったです。

ごちゃまぜの家から離れればそれらの良い面も手放さなければなりません。だから、本当に悩みました。いろいろな人にも相談しました。

だけど、いい面がたくさんたくさんあってもやはり苦しいものは苦しい。辛いものは辛い。ここにいるとご機嫌さんで居る事が難しい。

それで苦渋の決断を下しました。

今は横浜市のホームレス自立支援施設はまかぜという所にいます。

ここは家賃と食費が無料で最長三カ月暮らす事ができます。その間にこれからの自分の生きる道を探していくつもりです。

この施設には下は二十代前半の若者から上は八十代後半の高齢者までいます。

ここの施設は全員家賃を払っていないので、居候のような肩身の狭い思いをする必要がなくなります。

そして自分の欠点や悪行を晒す必要もなくなります。生きる活路を生き様を通して見せる必要もなくなります。だらけることもできます。

昨日健康診断を受けて、その結果が出る一週間後にこの施設の相談員の人と今後の方針を打ち合わせていく予定です。

それまでは主に読書をしていきたいと思っています。

ごちゃまぜの家に来ることで知り合えたさまざまな方から凄く面白そうな本をいろいろ頂きました。

「生きる技法」

「喜びから人生を生きる」

神との対話

「スエロは洞窟で暮らすことにした」

「愛するということ」

これらの本をじっくり読みながら今後の身の振り方を考えていこうと思っています。

今まで私を支援して下さった方々、本当にありがとうございました。

内海に対するご意見、ご感想、ご不満、お怒り等ありましたら下記までご連絡頂けましたら嬉しいです。

頂いたご寄付はほとんど使い込んでしまいましたのでご返金はかなりお時間を頂かなければならない事だけご了承頂けましたら幸いです。

今後ともどうぞよろしくお願い致しますm(__)m

 

内海の連絡先
メール
nb.utsumi@gmail.com
facebook
https://www.facebook.com/daisuke.utsumi
電話
09046661483
LINE
saiohasso
(LINEはなぜか届かない事が多いので、24時間以内に返信がない場合はメールでお願い致しますm(__)m)
ブログ
http://saiohasso.hatenablog.com/

住所

〒231-0026

神奈川県横浜市中区寿町4-13-1

はまかぜ509号